ハンガリー(1970):コルヴィナ文庫その2

ハンガリー / Hungary (1970)
ふたたび、前回紹介したコルヴィナ文庫写本切手の続きです。前回の4枚と、今回の4枚のあわせて8枚1組だとおもう。こちらはマチャーシュー1世の肖像画と、彩色写本のイニシャル3枚の組み合わせ。前回のより、こちらのほうが印刷も絵柄も綺麗なんだけど、なんでだろうね。



左:マチャーシュー1世(Marlianus, Biblioteca Guarnacci, Volterra, Cod. Lat. 5518 IV 49. 3. 7, Fol 5r
右:イニシャルの「A」(Regiomontanus, Iohannes: Canones LXIII, Széchényi Library, Budapest, Cod. Lat. 412,  Fol 1r



左:イニシャルの「N」(Miscellanea, Biblioteca Estense, Modena, Cod. Lat.437, Fol. 1r.)
右:イニシャルの「O」(出典は不明です。知っている方いたら教えてください)

「A」と「N」の文字は、フェレンツェで活躍していた Francesco Cherico (Francesco di Antonio del Chierico : Wikipedia) の様式がみられ、おそらく「A」は弟子の Francesco Rosselli の手によるものではなかろうか、ということが『Bibliotheca Corviniana』に書いてあった「N」の文字の元の写本のリンクが見つけられなかったんですが、華やかな飾り罫のある大変美しいページなんですよ。いろんな人にぜひとも見せたい……

コルヴィナ文庫に関してはこちらのサイトにリストがあり、デジタルで中ページがみられるものもあります。左側の「Adattár」の下にある「Corvinák 」をクリックすると一覧が出てきます。


保存保存
保存保存保存保存保存保存

コメント

人気の投稿