クック諸島(1973): クリスマス2種





先日のケイマン諸島のクリスマス切手に続き、こちらはクック諸島のクリスマス切手。


クック諸島 / Cook Islands (1973)
全体はこんな感じです。こうして俯瞰してみるとけっこうきれいだな。金色を使っていて豪華なんですが、実物は色が少し濃いうえに版ズレしているので、正直いままで私は微妙な切手だと思っていた。

この切手はなぜだか、中央の絵は同じでデザイン違いがありまして、上はシートになっていますが、もう一つのデザインは1枚1枚がバラになってます。

クック諸島 / Cook Islands (1973)
なんかこう、全体に濃いですよね、濃い!

クック諸島は、ニュージーランド王国の一員で、ニュージーランド王国の元首はエリザベス2世です。なので、切手にも女王のプロファイルがついてる。1枚ものの濃ゆいデザインのほうはわかりにくいので拡大写真とりました。







元の絵柄は15世紀の祈祷書より、とありますが、どの祈祷書なのかは不明。

クック諸島は写本モチーフが好きらしく、切手シートの耳紙(切手のまわり)にさも彩色写本のような模様をぐるっと印刷しておきながら、中央の切手部分はなぜかラファエロなどの絵画や女王の顔写真という、トチくるってる感じのデザインも結構出てます。

彩色写本風なんだけど、ぜんぜん違うじゃん……というやつ。

そんなクック諸島の写本切手、もうひとつ持っているので、次回はそちらを紹介します!

コメント

人気の投稿