ハンガリー(1918):不足料切手

ハンガリー / Hungary (1918)
ハンガリーの不足料切手、加刷。

加刷切手というのは、何らかの理由があって、すでに発行されている切手の上に新しい情報を印刷するものです。何らかの理由というのは、たとえば、額面が変わったり、戦争によって占領されたり、政権が変わったり、といったこと。

この切手については詳細を私はよく知らないんですけど、発行年が1918年、切手に元々印刷されている言葉が「MAGYAR KIR POSTA」で、加刷の文字が「Köztársaság(共和国)」ということから、

1918年に革命が起きてハンガリー王国からハンガリー民主共和国になった際の加刷

と推測できます。



「KIR」はたぶん「Királyi(Royal)」の略だと思うので、「MAGYAR KIR POSTA」は「Hungary Royal Post」っていう意味だよね。

薄いブルーの組紐模様のデザインがいい感じ。

コメント

人気の投稿