フランス(1964-71):不足料切手


前回、チェコスロバキアの不足料切手を紹介したので、今回はフランスの不足料切手。
絵柄はチェコスロバキアもお花がモチーフでしたが、フランスもお花です。

不足料切手は数字がメインのデザインが主流だけど、次にお花モチーフも多い気がするのは気のせいかな。調べたことないからわからないけど。


フランス / France (1964)

大体 2.0cm x 2.4cmという小さいサイズ(フランスの普通切手の大きさ)で紙が少々ざらっとして薄いところが、私の気に入っているポイント。それからこの花の重ね刷りのデザインが最高だと思いませんか。


フランス / France (1965)

お花の版画っぽい色の重なり具合、とてもよい!

フランス / France (1971)

特に左側のデザインの重なってる感じ、すごくよい!!  よく見ると文字の手描きっぽさもじわじわきますね。このシリーズ、実物見るとたぶん地味な感じすると思うけど、こういう地味な切手が私はとても好きなんですよー。


消印つき使用済みも1枚だけ持ってました。

コメント

人気の投稿