チェコスロバキア(1971):不足料切手

チェコスロバキア / Czechoslovakia (1971)

1971年にブルガリアがStefan Kanchevの切手を発行していた頃、チェコスロバキアでもカラフルで有機的なデザインの切手が発行されておりました。それがこの、花の模様の不足料切手(Postage Due Stamps)シリーズ。

不足料切手というのは、日本では発行されていない種類のもので、郵便料金の不足などを徴収するための切手。

この切手は、デザインも色使いも私は大好きなのですが、紙質がわら半紙のような薄くてざらっとしているところもなかなか気に入っているポイント。

切手デザインは Ivan Strnad、
凹版制作はMiloš Ondráček、Josef Herčík、Jan Mracekの3名です。
切手に書いてある文字を見るに、たぶんあってると思うのですが、間違ってたら指摘してください。



拡大するとこんな感じで、細かい! 切手の左下にある名前がデザイナーで、右下にある名前が彫師だと思うんですよね。発行年は1971年のはずだけど、年号は1972のものもまじってます。

コメント

人気の投稿